パンケーキのはちみつダイエット > 消化吸収能力を高めよう

消化吸収能力を高めよう

消化吸収能力を整え、効率的に栄養素を摂取できるようになれば、
少々食事の量を減らしたとしても十分に栄養素を摂ることができるため、
無駄に大食いすることなく満足感・満腹感を得ることができるようになります。
また、消化が良くなるということは便通が良くなることでもあり、
特に女性でお悩みの人も多い便秘、
それが原因のぽっこりしたお腹の解消にもつながります。
体重を落とし、実際に見た目でも細く見えるようになるのなら言うことはありませんよね。

人間は食事によって、生命活動に必要な栄養素を体内に摂り入れなければ、
生きてはいけません。
食べ物を細かく噛み砕き、唾液や胃酸などによって、
タンパク質や糖質などの栄養素に分解(ここまでを消化と言います)し、
それを吸収して必要な臓器や筋肉まで行き渡らせる必要があります。
消化酵素という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
上で出た唾液や胃酸、さらには胆のうから分泌される胆汁、
小腸の腸液などに含まれるもので、
糖分を分解するアミラーゼ、タンパク質を分解するペプシン、
脂肪を分解するリパーゼなどがあります。

「ははあ、消化吸収能力を整えるということは、
つまりそれらの消化酵素の働きを高めればいいのね」

確かにそれも非常に大事です。
でも、実はそれだけではないのです。

顔の筋肉を使って口を動かし、食べ物を噛み砕く。
噛み砕いた食べ物を飲み込み胃や腸まで運ぶ。
分解された栄養素を吸収し、体内の隅々まで運搬する。
栄養にできなかった残りカスを便として排泄する。
脳から「十分な栄養を摂ったからもう満腹だよ」と指令を出させる。

これらの体を動かし、生命活動を維持する行為には、
全て酵素の働きが関わっているのです。
消化酵素に対して、これらを「代謝酵素」と言います。
ただ食事をするだけでもこれだけ酵素が働いているのですから、
その重要性は良く分かっていただけるかと思います。
酵素の力を利用したダイエット、その利点はただ痩せるということだけではなく、
様々な体の働きそのものを改善し、健康的な体質を獲得できる点にあるのです。