パンケーキのはちみつダイエット > 生野菜・果物の効能

生野菜・果物の効能

酵素でのダイエットにおける、生野菜と果物の効能について詳しく見ていきましょう。

まず、なんといってもその摂取のしやすさ。
熱に弱い酵素を摂るには生食が基本となります。
お肉を生で食べろと言われてもそれは無理ですが、
野菜や果物ならばどうってことないですよね。
とはいえ、生野菜や果物は水分を大量に含んでいて、その分嵩が増しているため、
それだけで必要な栄養素を摂ろうとすると思った以上に量を食べなければならず、
中々大変かもしれません。

どうしても量が多くて辛いなら、すりおろしてジュースにして飲むのも一つの手でしょう。
食べるのには辛い量でも、ジュースとして飲むのならばそれほど苦労はしません。
三食・おやつにわけて飲むと良いでしょう。
ひとつ注意しなければならないのは、ジューサーやミキサーを使うと、
機械によっては熱が発生して、せっかくの酵素が壊れてしまう危険があることです。
できれば手ですりおろすのが一番ですが、熱が出ないようなジューサーを使ったり、
それが用意できないのならば、熱が出る前に機械を止めるなどして工夫しましょう。

次に、「補酵素」の存在です。
実は、多くの酵素はそれ単体ではなにも力を発揮することができません。
体内でなんらかの化学反応を起こす必要があるのですが、
それには他のものの助けが必要となるのです。
そこで登場するのが、ビタミンなどの補酵素と呼ばれる物質です。
ビタミンが野菜や果物に多く含まれているのは周知の事実ですよね。
この二つが合わさることによって、初めて化学反応を起こし、
力を発揮することができるようになります。
ビタミンが大事、健康に良い、と言われているのはこのためです。
ちなみに、ビタミンは人間の体内で生産することはできず、
食物から摂取するしかありません。

このことから、生野菜と果物は酵素ダイエットをする上での基本と言えるでしょう。
他の手法でダイエットをする場合でも、
補酵素の存在がある以上は生野菜や果物をしっかりと摂っていきたいですね。